昨日、WANJetの最新リリースである5.0および新機種WANJet300の販売開始を発表いたしました。

レスポンスタイムおよびスループットの向上、CIFSプロトコルの最適化、Enterprise Managerによる大規模導入時の集中管理、RAMとディスクの両方に対応したTDR-2キャッシングによるデータセンタ間の転送効率の改善などが新しいバージョンで実現されています。

しかしDevCentralをご覧になっているエンジニアの皆様にとっての最大の関心は、実はTMOS対応ではないでしょうか。TMOSに対応する=iRuleやiControlが使えます。つまり、カスタマイズや他システムとの連携が容易に行えるようになります。想像が膨らみますね。皆様のカスタマイズ・アイデアをぜひフォーラムに投稿してください。