Learn F5 Technologies, Get Answers & Share Community Solutions Join DevCentral

Filter by:
  • Solution
  • Technology

Articles

Sort results

BIG-IP ASMで対応するOWASP Top 10 - 2017年版

OWASP Top 10の2017年正式版がリリースされましたので、BIG-IP ASMのWAF機能でどのくらい対応できるか概要を紹介したいと思います。 Read more
0 Reviews

BIG-IP APMとPassLogicを連携させて端末固有情報の登録を自動化する方法

Technorati タグ: APM,BIG-IP,iRules   SSLVPN利用基盤の構築においてクライアント証明書を用いずにデバイスの制限を簡易な運用で実現できる仕組みを検討されており、下記のような要件があったとします... Read more
1 Review

Agility 2015テクニカル講座「APM実践応用編」課題1の回答 (APMでグループごとに接続元のアクセス制御する方法)

今回から複数回に渡り、2015年2月25日に行われたF5のイベントAgility 2015の中のテクニカル講座「APM実践応用編」の最後に出題されたAPMの5つの課題の回答について順番に紹介させていただきます。 回答は2015年5月15日で締め切りとさせていただき、正解者には粗品ながらプレゼントをお送りさせていただきました。お忙しいところのご参加ありがとうございました。 ... Read more
0 Reviews

HTTP/2がもたらすビジネス上の意義

パフォーマンスの確保は、アプリケーションにとって重要な課題です。特にモバイル アプリケーションでは最重要課題だと言っても過言ではないでしょう。これまで行われてきた数々の調査結果を見れば、誰でもこの結論に達することができるはずです。アプリケーションが5秒以内に反応しなければ、一般消費者も企業ユーザも、同じように苛立ちます。なかでも消費者がモバイル アプリケーションを使って購入などを行う場合には、パフォーマンスの低さが致命傷になる危険性があります... Read more
0 Reviews

一般企業向けのF5 DDoSリファレンス アーキテクチャ

今回投稿されたブログは、F5ネットワークスのテクノロジー・エバンジェリストであるDavid Holmesのブログ投稿「The F5 DDoS Reference Architecture - Enterprise Edition」を元に、日本向けに再構成したものです。 DDoSによる攻撃は依然として続いており、現在でもDDoS攻撃に対する防御は重要課題であり続けています。すでにこのDevCentralでは、グローバル金融機関向けのDDoSリファレンス... Read more
0 Reviews

グローバル金融機関向けのF5 DDoSリファレンス アーキテクチャ

今回投稿したブログは、F5ネットワークスのテクノロジー・エバンジェリストであるDavid Holmesのブログ投稿「The F5 DDoS Reference Architecture - Global FSI Edition」を元に、日本向けに再構成したものです。以下は、David Holmesの個人的体験談に基づいています。  皆さんは、ジョージ・クルーニー主演の「マイレージ、マイライフ(原題:Up in the... Read more
0 Reviews

ハイブリッド環境が要求する“よりスマートな”DNS

ハイブリッド環境で変わるDNSの役割  クラウドは実に多くの環境を変化させており、私たちはあらゆる業務領域でIT戦略の見直しを迫られています。アプリケーションの開発・展開の方法は、DevOpsへと変化しつつあり、IT業界のビジネス モデルも従来のライセンス モデルから、電気や水道のような使用量に基づくサブスクリプション モデルへと変わりつつあります。... Read more
0 Reviews

企業アプリケーションでも進むクラウドへの移行

かつてアプリケーションは、単一のインフラストラクチャ上で集中的に管理されており、データセンター内では、外部ネットワークとの境界にいくつかのセキュリティ機能を配置することで保護されていました。IT部門の役割は、データセンター内で稼働するアプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを確保することであり、アプリケーションのライフサイクル全てを管理することが可能でした。... Read more
1 Review

ネットワークインフラは、イミュータブルなものになれるのか?

イミュータブルインフラストラクチャ、私は使い捨て可能なインフラストラ チャと呼んだ方がふさわしいと思うのですが、この1年でDockerとコンテナ化技 術の成功によって再び注目を浴びました。また、DevOpsは、自動化と関連する 使い捨て可能なインフラストラクチャの概念と、取得から構成までのすべてを 自動化して、アプリケーションデータパスのあらゆるものを提供する「テンプ... Read more
0 Reviews

「御社の『全ての』 業務アプリケーション、可用性、高速化、セキュリティを担保されていますか?」意外に知られていない、企業インフラのアプリケーション環境の課題に対するF5 の回答とは?

BYOD(個人端末の業務利用)などの追い風に後押しされたスマートデバイスの普及やインターネット通信量の激増により、通信インフラは激変の真っ只中にあります。市場調査会社のフロスト&サリバン社は、モノのインターネット(Internet Of Things, IoT)において、接続されるデバイスの数は、2020年までに世界で800億台に達すると予測しています。 ... Read more
0 Reviews